子宮癌肉腫と言われてしまいました。何かを残したくて始めました。


by kenken

プロフィールを見る
画像一覧

TC療法 一回目終わりました

決断した、と言っても、一番安易な道に流れた私。



いつもそうだものなあ、と思いつつ、この選択を後悔したくないので、とりあえず一年は、再発なしでいきたい。

Y先生にセカンドオピニオンはどうでしたかと聞かれて、
(Y先生はまだ手紙をもらってなかったらしい)
「たしかに癌肉腫かもしれないけど、どっちかというと類内膜腺癌のG3かもしれないって言ってました」
と答えると
「うちの病院では癌肉腫の診断とします」
とのことでした。どっちでも治療法は同じだからいいのか。
類内膜腺癌のほうが、まだ予後がいいような気がするけど、子宮内腔にもりあがっていたという、腫瘍の形といい、筋腫の内側から発生したらしいことといい、癌肉腫っぽいなあ、とほほ。
追加手術には消極的だったが、先生的には、抗がん剤は絶対しなくてはいけないらしい。それもなるべく急いで。
ガイドラインどおりってことなのかな。
私的にも、がっつり大手術をうけても、再発するときには再発してしまうようなので、抗がん剤が効く方に賭けるというのもありかなあ、と思えた。楽観的かな。
癌肉腫向きのTI療法を推すという当初の提案は、なぜかあっさり引っ込められて、セカンドオピニオンの意見と同じ、どちらにもいいTC療法でいくことになった。まさにやってみないと分からない感じね。
三週ごとに点滴、全6クールの予定。

2015年10月7日、2泊入院で一回目の治療。
最初のパクリタキセルの点滴がはじまって、間もなく、顔がカーッと熱くなって、息が苦しくなった。
看護士さんに言うと、すぐ止めてくれたが、様子をみて、またゆっくり流しはじめた。
この看護士さん、顔はかわいいけど、クールで落ちついてるのよねえ。ぜんぜん動じてない。
その後は大丈夫だった。せっかく治療をがんばる気になってたのに、もうアレルギー?と悲しくなったので、無事点滴ができて、良かった。
同室には、もう何回も抗がん剤治療を受けてるらしい年配の方がいらした。にぎやかな方だったけど、お話できなかったな。

つらかった副作用は便秘と脱毛。体感ではすごくきつい副作用はなかったが、2週間目の血液検査で白血球が15まで下がって、主治医の顔を曇らせた。
どうりでなんだかだるいと思った。
「薬はまだありますよね?」
今貰ってる薬は十全大補湯という漢方薬で、どっさり三ヶ月分ほども処方されている。Y先生はこの薬の副作用軽減効果にすごく信頼を寄せてるらしい。
実は飲み忘れることも多かったのだが、真面目に飲まにゃ。
風邪予防にマスクなどで自衛するよう言われたぐらいで、注射や薬などはなし。
次の週は二回目の治療の予定なので、回復してくれますように。
[PR]
by kokeko0077 | 2015-10-25 19:03

カテゴリ

全体
母の乳癌再発闘病
メンタル
子宮体癌のこと
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

悩ましい選択
at 2018-06-26 22:00
もう駄目なのかな
at 2018-06-07 00:17
繰り返す尿路感染症 3
at 2018-05-19 13:05
繰り返す尿路感染症 2
at 2018-03-15 23:28
繰り返す尿路感染症 1
at 2018-02-23 03:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病

画像一覧